なぜ薄毛になるのか

髪が薄くて男性用育毛剤を試してみようか考えている男性は、その前になぜ薄毛になってしまうのかということを考えることが大切です。
髪の毛が薄くなったから男性用育毛剤を使うという単純な考えではどれだけ効果のあるものを使っても効果がでずに、そのまま進行してしまうことがあるので、まずは原因を特定してそこから対策をすることがポイントになります。

原因としてあげられるものとしては、遺伝がありますがハゲの家系だからと言って必ずしもハゲるとは限りません。
ハゲやすい因子があったとしても、髪の毛が薄くなる前からケアに気をつけていればハゲずに済むという人は多くいますから、遺伝で髪が薄くなる心配がある人はケアを日頃から気をつけておくとハゲを回避することができる可能性が高まります。
その一方で遺伝というのはどうしようもない部分もあるので、ケアをしていても薄くなってしまったということがあるだけに、薄毛の原因としてはやはり大きなものとなります。

次にヘルメットや帽子を長時間かぶると、髪の毛が薄くなってしまうというものがあります。
長時間被り物をすることによって、頭皮が不衛生な状態になりやすくその結果として髪の毛が抜けてしまうというのは理屈として通った話です。
頭皮を不衛生な状態にしているのは髪の毛に良いものではありませんから、このような状態が続く人は髪の毛が薄くなりやすい可能性は高いといえます。
これも日頃のケア次第で髪の毛のダメージを減らすことができますから、被り物をするとハゲると思うのではなくケアを徹底するようにしましょう。

男性ホルモンの影響によって、髪の毛が薄くなってしまうというものも原因のひとつとしてあげられます。
男性ホルモンが変異をしてジヒドロテストロンが増えると薄毛になってしまうことがあるため、ジヒドロテストロンを抑制することによって髪の毛が薄くなることを食い止めることができます。

薄毛に悩んでいるときには、髪の毛をどのようにして増やそうかと考える前に、なぜ髪の毛が薄くなってしまうのかという事を突き止めることが重要です。
原因を放置して髪の毛を元に戻すということは難しいものですから、原因を特定し対策をすることが髪の毛を取り戻すための第一歩となります。
そのため、髪の毛が薄くなり始めたときにまずすべきことというのは、なぜ薄毛になるのかということを考えて自分の場合にはどのような理由で髪の毛が減っているのかを特定することから始める必要があります。